ネット世論、国際情勢などを冷徹に分析しながら政治的な議論をするブログです。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■国会でウソついちゃった安倍首相(!)
2006/10/18 Wed自民党
一応、タイトルには「?マーク」をつけた方がいいかな~と最初は思っていたんだけど、「?マーク」よりも「!マーク」にした方が適切だろうと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?  笑


え~、ちょっとふざけてすいません。
ここからいつものように真面目にいきますよ。
まずは以下のやり取りを見てください。


2006年10月11日 参議院予算委員会

○広野ただし君 (前略)訪中問題の準備のために、靖国神社参拝に反対しておられる創価学会名誉会長池田大作さんにお会いになりましたか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) そういうことはございません。

○広野ただし君 新聞報道によりますと、自民党総裁になられて河口湖にこもられるその前後のところにお会いになったというふうに報道されておりますが、いかがですか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 今申し上げましたように、そういうことはございません。

○広野ただし君 渋谷区の創価学会施設で会ったというふうに言われておりますが、いかがですか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) これはもう何回も申し上げておりますように、そういうことはございません。

○広野ただし君 何でこういうことが極秘になるんでしょうか。もし会ったとされたら、言われたらいいんじゃないかと。
 報道は間違いなんですか。


○内閣総理大臣(安倍晋三君) 今申し上げましたように、そういうことはございません。

○広野ただし君 そして、池田名誉会長に中国への橋渡しを頼まれたというような報道が伝わってきておりますが、これはどうですか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 今申し上げましたように、そういうことはございませんと、こういうふうにお答えをいたしております。

○広野ただし君 このことも、公明党を飛ばして創価学会の名誉会長に会われたと、そしてその政治的なことをというように伝えられているわけですね。そういうことについて、御否定になっていますが、またそのことについて、事実だったというふうになりましたらどういうことになりますか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 今お答えをしているとおりでございます。

○広野ただし君 じゃ、押し問答しておっていてもしようがないですから、この程度にさせていただきたいと思います。


この様子は実際に参議院インターネット審議中継で見ることができます。
(再生時間の6分~9分の間の部分です。)

安倍首相、池田大作氏と会談、小泉前首相も」のエントリーを見ればわかるように色々なマスメディアが既に報道している状態になった今では、安倍首相が国会の場で平気でウソを言う人だとわかりました。

安倍首相や小泉首相らが相次いで創価学会の池田大作氏と会談したのは、政教分離の原則にも触れると私は考えます。

さらに国会で追及された時にウソを言うのも問題です。

「ノーコメントです。」と言えばいいのに「そういうことはございません。」と否定するのは間違っています。


これに対して民主党の追求も手ぬるいですね。
もっと状況証拠を押さえて追求すれば良かったと言えるのですが。

あと、マスメディアも状況証拠をもっと出して事実検証するべきです。

それから、もし安倍首相は「自分は本当に池田氏と会談していない」というならば、民主党と報道各社に強く抗議するべきです。


総合的に考えて会談はあったとほぼ断定できるのだ。 笑


banner2.gif
良い記事だと思ったらクリックをお願いします!
 
 
スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

トラックバック(1)+ +コメント(4)
池田大作に膝を屈した安倍と小泉 ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ 安倍首相、池田大作氏と会談、小泉前首相も
ウソ
いつも良い情報を提供していただき、有難い欠かせない情報源になっています。
参議院のネット中継も見ました。I氏も政治ゴロに思えてきました。
2006/10/18 Wed URLjun#- [ 編集 ]
junさん
こんにちは★
政治ゴロに見えるI氏というのは、誰のことでしょうか? 笑
小泉内閣の秘書官だった飯島勲氏のことでしょうか??
9月28日に小泉前首相が池田大作氏と都内の聖教新聞本社で約30分間会談した際、飯島勲氏も同席していました。
彼のことも調べてみれば色々出てきそうな感じはしますね。
2006/10/19 Thu URL青空 悠希#7C/zVFSk [ 編集 ]
I氏
おはようございます。I氏とはもちろん飯島氏ではなく、池田氏です。亡霊に怯えて自己規制してしまうのも良くないですね。でも私は克服していても実名を恐れる人もいますので、気をつかいます。地元では、公権力にあり悪事を働いている人には実名批判をしていますが。その意味でも、青空さんには敬服します。「右翼」「左翼」という括りに与しないのも賛成しますし、その通りと思います。指標として、先の大戦の評価で分ける考え方もありますが。
飯島氏は自ら批判を恐れてか、巨悪ではないせいか(?)マスコミへの露出も増えてきていますので、大衆の批判に晒されますが、池田氏は闇の中で、それこそ亡霊のように神格化されかねません。でも学会と公明党は外から見える程、蜜月、一体ではないことは、学会員の友人の話を聞いていると感じます。間違いかも知れませんが。
毒饅頭とはヤバイお金を指す言葉として知られましたが、今度は違う意味にもなったりして。統一教会も反共に利用出来、金や票は貰えても、命取りになりかねない毒饅頭のようなものなのに、権力に執着する人はある意味勇気がありますね。(?)いや単に無知で、違う人から騙されているのかも。
2006/10/20 Fri URLjun#- [ 編集 ]
junさん
どうもこんにちはv-411
I氏は池田大作氏でしたか。私の考え過ぎでしたね。

確かに池田大作氏と飯島勲氏を比較したら飯島勲氏が可愛く見えるかもしれません。 笑

それと私のブログ運営方針に賛同して頂きまして感謝します。
もし私の方に良くない点がありましたら、その時は遠慮せずにご指摘お願いします。
柔軟に対応するつもりです。
それでは、また!
2006/10/20 Fri URL青空 悠希#7C/zVFSk [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
週刊文春の記事を紹介(保存)しておきます。ソースは以下のブログです。Let’sBlow! 毒吐き@てっく安倍首相・創価問題他池田大作に膝を屈した安倍と小泉9月22日、番記者にウソをついて創価学会の
新国政論:理想と現実の狭間で
HOME
プロフィール

 青空 悠希

Author: 青空 悠希

国際情勢や世論などを冷徹に分析しながら皆さんと政治的な議論をするためのブログです。合意形成を図るため「右翼」とか「左翼」という用語の使用はなるべく避けたいです。


banner2.gif
↑クリックを(1日1回)お願いします★

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。